片頭痛(偏頭痛)予防にフィーバーフュー主体のサプリ

片頭痛歴20年以上の私、片頭痛予防サプリで楽になりました♪



長い間、繰り返す片頭痛に悩んできた私が、やっとその苦しみから解放されたわけ。

それは片頭痛予防サプリを飲み始めたのがきっかけでした。

私が片頭痛と格闘して見事に克服した実話を書き留めておきたくてこのサイトを作ってみました。

私がお世話になったのはズバリ、「ずきしらずの実」という名の片頭痛予防サプリです。


43歳

20年以上の片頭痛(偏頭痛)持ちの私が、最近はずいぶんと頭痛回数が減ったな〜と思うようになったので、その理由をここで書きたいと思います。

もともと20代前半の頃から年に数回、頭痛になることがありました。

社会人になり、デスクワーク、パソコンワークの時間が多くなり頭痛回数に拍車がかかりました。

30代になり、会社を辞め独立して自分でネット系の仕事でお金を稼ぐようになりました。

パソコンの前にベッタリの日々が続くようになると、頭痛発作が週に一回くらいの頻度でやってくるようになりました(−_−)


しかも、市販の薬を飲んでも治らないことが多くなりました。

我慢できる程度の時でも、常に頭や目の奥がドーンと重い、頭がぼんやりする感じで気分がすぐれないので、私はひょっとしてうつ病?

と思ったりしました。

そこで、総合病院の神経内科で診てもらったのです。

脳の精密検査(MRI)では異常はありませんでした。

症状から、緊張型頭痛から始まり片頭痛(偏頭痛)に至る複合型の頭痛と診断されました。

目の疲れや座りっぱなしの姿勢が肩こり首こりの原因になり、ストレスも加わって片頭痛に至ると言われました。

片頭痛には市販のバファリンとかイブは効果がないことがあるのでと、市販されていない片頭痛(偏頭痛)専用の薬(ゾーミッグ)を出していただきました。


このゾーミッグは飲めば1時間くらいでスッーと痛みが引きます\(^ ^)/

なので改めて私の頭痛は片頭痛だったのだと分かりました。

ところがです。

ゾーミッグを飲めば痛みがなくなるのは良いのですが、頭痛発作の頻度はますます多くなり、一週間ももたず、4日に一回くらい頭痛発作が来るようになりました。

一週間に1〜2度もゾーミッグを飲むようになると、さすがに、薬の依存症になるのでは?そのうち急に効かなくなるのでは?と不安になりました。

それで、お薬で痛みをとっていても根本的な解決にはなっていないと悟りました。

片頭痛を完全に無くすことは難しいと分かっています。

それならば、せめて片頭痛の痛みを軽減したり、発作頻度を少なくすることはできないかと、ネットで必死に情報集めをしました。


薬を飲み続けて、薬の量を増やすことがすごく不安になったからです。

その後、半年間くらいはネットで見つけた様々な片頭痛予防法、軽減法を試しました。

そしてその中で一番効果があると思ったのが片頭痛予防サプリです。

参考→片頭痛予防サプリ「ずきしらずの実」

片頭痛サプリの存在は以前から知っていたのですが、私のしつこい頭痛がそんなもので治るはずはない!と半ばバカにしていました。

以前からマグネシウムとかビタミンBなどが片頭痛予防になると知っていて、時々飲んでいたのです。

でも、今回見つけたサプリはフィーバーフュー(和名ナツシロギク)からとれる成分のサプリです。

フィーバーフュー(和名ナツシロギク)はキク科のハーブなので、はじめは癒しだけの効果かと思っていたのですが、更に調べてみると、神経伝達物質のセレトニンの分泌を調整する作用があると分かりました。

欧米で古代から伝統的に片頭痛や関節炎の治療に使われている植物で、50年くらい前には臨床試験をして効果が実証された成分を含むようです。

詳しくは私には説明できませんが、実際私が2ヵ月間試した結果は、確かに頭痛頻度が減り、発作が出ても以前より軽くなりました。

このまま飲み続ければ自然と頭痛が無くなるのでは?と期待させるくらいの効果があり、半年たった今は頭痛発作が稀になり、出ても少し我慢すれば治るくらいになりました。


フィーバーフュー主体のサプリは調べてみると数種類あります。

いずれもフィーバーフューとマグネシウムがセットになって入っています。

その中で私が選んだのは、「ずきしらずの実」という名のサプリです。

販売会社の知名度と会社の大きさ(東証一部上場)の安心感で選びました。

北の快適工房が製造・販売しています



私が片頭痛予防に選んだサプリは「ずきしらずの実」です。

>>ずきしらずの実をもっと詳しく